クリーン系

家電リサイクル法などの施行、ゴミ袋の有料化、粗大ゴミ回収の有料化、これらの取り組みは出来るだけ家庭から出るゴミの量を減らし、再利用出来るものはリサイクルに回す為に作られたものですね。つまりゴミを捨てることにお金がかかる時代となっているのです。

 

 

 

特に家電リサイクル法や粗大ゴミの回収にかかる費用は自治体などによって多少の誤差はありますが数千円ほどかかることがほとんどです。引越しなどで、冷蔵庫、テレビ、洗濯機などをまとめて処分した場合には2万円前後となることが予想されます。高いと思われる方もいるでしょう。

 

 

 

ですがこれからの時代ゴミを増やすことなく、ゴミが出た場合でも再利用が出来るものは再利用をしなければゴミの埋め立て地などもなくなり、日本はゴミで溢れかえってしまう未来が予想されます。ですから有料化は必要な取り組みなのです。

 

 

 

ですがこの有料化には問題点も多くあり、有料化されたことによって不法に投棄される家電や家具などが増えたことが大きな問題の一つとなっています。山中や人気のない場所にたくさんの家電などが捨てられているのを見たことはありませんか?

 

 

 

中に川などに投棄していることもあり、家電などから出る有害物質などが人体に影響を与える可能性があるとして深刻な問題となっているのです。不法投棄には厳しい罰則が設けられ随分少なくなっているようですが0というわけではなく、地域住民のパトロールなどによって不法投棄への警告が行われています。

 

 

 

マナーやモラルを守らない少数の人たちが原因で本来ならばリサイクル出来るゴミもゴミとして放置されているのです。

続きを読む≫ 2013/04/19 17:26:19

独居老人、孤独死、誰でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。少子高齢化が急速に進む日本では深刻な問題となっています。こういった現状の中で生まれたのが遺品整理という職業です。

 

 

 

身寄りのない方が亡くなられた時に、身内の方の変わりに故人の持ち物を整理するのが役割となっています。遺品と一言で言っても生活していた場所を片付けることになるので家具や家電などはもちろんのこと衣類や食器、その他の生活必需品などが中心になるようです。

 

 

 

中は再利用出来る不用品などもあり、買取業者に出すことによって故人の葬儀費用などに当てたり、遺品整理にかかる費用に当てられるようです。不用品をリサイクル出来るもの、廃棄するものなどに分けて処分し、最終的には部屋や家の中を空っぽにするのです。

 

 

 

孤独死の場合には、部屋の片付けや行き届いていない場合などもあり清掃業の分野でもこの遺品整理が行われているようです。こういった遺品整理を行っている業者の多くは清掃業に通じている企業や団体が多い為、適切な判断で不用品をリサイクルに回したり、廃棄したりと不用品の処分に関するスペシャリストでもあります。

 

 

 

遺品整理の料金としては、現地の状況により多少異なってきますが、作業員一人、軽トラック一台で1ルームの広さならば、30000円前後が相場となっているようです。ほとんどの場合が一日で作業を終了し、部屋の状態はそのままで不用品のみの処分なども引き受けてくれる業者が数多くあります。

 

 

 

遺品整理の業者や団体は全国で増加しているのでインターネットなどで近くの遺品整理業者を探してみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2013/03/23 17:25:23

不用品を処分できないもう一つの理由として、どう処分していいかわからない、捨て方がわからないということがあげられるのではないでしょうか。ゴミ収集所に週に2,3回だす可燃ごみやプラスティックゴミなどは、専用のゴミ袋に入れて、近くの収集所へ、決められた時間に出す。

 

これはほとんど日課みたいなもので、ゴミの捨て方がわからないという人はいないと思います。最近ではどの市町村でも資源ゴミとして回収するようになったアルミ・スチール缶、ペットボトル、ビンなど、これらも頻繁に出るゴミですから、どこへ・いつ・どのように出せばいいのかを知らない人は少ないはずです。

 

しかし、これらの回収日には回収してくれないような粗大ゴミ、使えなくなった家電や家具、特殊な材質でできている製品などは、一体どこへ出せばいいんだろう?

 

一度も経験がなければわからないものです。「捨て方を詳しく調べた後に捨てよう」「どうせ捨てるならもっと溜めてから捨てよう」、そうしているうちに不用品があなたの住スペースを占領しはじめていませんか。

続きを読む≫ 2013/03/19 17:37:19

いらなくなった物、使わなくなったもの、家のどこかにありませんか?人間って物を買うときはあれだけ簡単に買ってしまうのに、捨てるときはなかなか捨てられない。「いつか使うかも知れない」「何かのときに必要になるかもしれない」と思って取って置くものの、再び出して使った試しがありますか?

 

一度不用品だと見切りをつけてしまいこんでしまったものは、一般的にはなかなか日の目をあたることはありません。不用品を溜め込んでしまう理由として、「いつか使うかもしれない」という気持ち、これは心理学的には不安の表れだといいます、そういう心理が関係しているのではないかと思います。

 

実際に「物が捨てられない」病気があるのをご存知ですか?家の中を整理できずに物で溢れかえっている、気になるものを見つけ次第片っ端から集めてしまう、そしてゴミとしか思えないようなものも捨てられない、これらに当てはまる人、あなたの身近にいませんか?

 

ここまでくるとお医者さんに相談しなければいけません。

続きを読む≫ 2013/03/19 17:37:19

日本中で増え続ける大量のゴミですが、これまではそのほとんどが地中に埋め立てられてきました。ですが年々増え続けるゴミの量に対して埋め立て地は減少していくということが問題となり、特に生活家電に関しては廃棄されてももう一度利用出来る資源がたくさん詰まっていることから、この資源を再利用し埋め立てるゴミを少しでも減らす為に平成13年政府によって家電リサイクル法が施行されたのです。

 

 

 

これによって4品目の家電を対象とし、使った人、売った人、作った人のそれぞれが役割を持つことでリサイクルを進めるというもので、ブラウン管テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の4品目がこの時に指定され、平成21年には液晶テレビ、プラズマテレビ、衣類乾燥機が追加されました。

 

 

 

仕組みとしては、使った人、つまり消費者である私たちが不要になった家電を販売店にリサイクル料を払って引渡します。ここで売った人、つまり家電量販店などが作った人であるメーカーに引き渡すのです。そして最後にメーカーが家電をリサイクルにかけるという流れと仕組みになっています。

 

 

 

こうして再利用出来る資源を家電から取り出し再利用することによって、また新しい家電となって店頭に並ぶのです。指定された品目の生活家電はこれ以外の処分方法はなく、こうして消費者である私たちもリサイクルにかかる費用を負担することによって、ゴミを出さない意識が高まっていくのではないでしょうか。

 

 

 

今後も家電製品の品目が増えることで、家電リサイクル法に入る可能性のあるものもあり、家電リサイクル法は時代と共に変化していくでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2013/02/22 17:24:22

お部屋の片付けをすると要らないものがたくさん出てきますね。これらの不要となったものはどうすればよいのでしょうか。一番に思いつくのは廃棄でしょう。この他にはリサイクルショップなどで買取をお願いすることも出来ます。

 

 

 

または無償提供という形で欲しい人がいないか情報サイトなどを使って探してみるのも良い方法ですね。またこの他にはお得な処分方法として挙げられるのが不用品の交換です。これも情報サイトが多くあり、物々交換サイトと言った方がわかりやすいですね。

 

 

 

物々交換サイトに会員登録をし不用品を出品すると、出品した物が欲しい人から、この品物と交換して欲しいとメッセージが届きます。交渉される品物が自分の欲しいものであれば交渉が成立するのです。もちろん交換する品物に納得いかなければ断ることも出来ます。

 

 

 

また交渉する側になることも可能で、サイト内で検索をして欲しい品物が出品されているのであれば、交換するものを用意して交渉することが出来ます。リサイクルショップなどの買取などと違って交換希望を待つ間や交渉が不成立となった場合など時間がかかる為、すぐに処分することは難しいことが多いのですがこの過程を楽しむことも物々交換サイトの醍醐味なのではないでしょうか。

 

 

 

インターネットで検索をすると多くのサイトが出てくるのでシステムや登録料の有無などを確認して早速不用品を処分する準備をしてみましょう。不用品の処分方法には様々なものがありますが、処分することを楽しむことが出来る方法もあります。

 

 

続きを読む≫ 2013/01/21 17:23:21

不用品を処分したいと考える場合には、廃棄や買取りなどの選択肢がありますね。オークションなどで個人的に売るという方法もあります。ですが買取りやオークションで値段がつかない場合には、やはり廃棄となることが多いようです。

 

 

 

ゴミとして捨てるのは簡単なことですが、その前に譲るという選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。自分にとっては要らないものでも誰かにとっては必要なものなのかもしれないんです。では実際に身近に譲って欲しい人がいるのでしょうか?

 

 

 

やはり家族や親戚、友人など狭いネットワークとなるのでタイミングよく見つからないですね。そこで活用するのが不用品を譲りたい人、譲って欲しい人が集まる情報サイトです。

 

 

 

こういったサイトには、常時様々な人が欲しいもののリクエストなどを掲示板などに書き込んでいるので、利用することで欲しい人が見つかる確立がぐんとアップします。もちろん無償で譲ることが条件となり、金銭の授受は発生しませんが、送料などは欲しい人の負担となるので処分をかんがえている側には負担はありません。

 

 

 

冷蔵庫や洗濯機、電子レンジやテレビなどの生活家電はもちろんのこと、ソファやベット、自転車やテレビゲームなど様々なものがあり、頻繁にチェックすることで自分が処分したいものを探している人がいないか知ることが出来ます。

 

 

 

廃棄する前に一度こういった選択肢を探してみるのが大切なことであり、ものによっては廃棄するにも費用がかかる場合もあるので、経済的かつ環境にも優しい方法と言えるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2012/12/25 17:21:25

断捨離。テレビや雑誌などで特集されていたりするので聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。または実際に断捨離を行ってお部屋の中がすっきりしたという人もいるでしょう。

 

 

 

いつか使うから、もったいないなどの理由から、いらないものまで溜め込んでしまっている為、部屋の中がなかなか片付かないという人が多い中で、物への執着心を捨て身の回りを綺麗にすることでストレス解消を図ろうという考え方の一つです。

 

 

 

ヨガの断行、捨行、離行という3つの考えがゆ由来であり、不要なものを捨てたりすることで身軽で快適な人生を手にいれようという意味があるようです。断捨離をすることで整理が出来るようになり、今まで捨てられないと思っていたものが捨てられるようになります。

 

 

 

整理整頓ができ、すっきりとした部屋で過ごすことによって集中力や健康を維持することができ、ストレスなども減る為快適な毎日を送ることが出来るのではないでしょうか。

 

 

 

断捨離では不要になったものを全て捨てるという選択肢で処分するのではなく、時には買取店に持ち込んだり、欲しい人にあげるのも良い方法です。そしてこの選択肢でも処分出来ない場合には廃棄するとよいですね。

 

 

 

不用品の買取などは物によって買取額や買取の可否が変わってきますが、最近は様々な業者があるので、大体のものは買取の対象になるようです。いらないものを処分して心もすっきりとしてみませんか?

 

よりよい人生の為の材料となりますね。断捨離を行うと不要なものを溜め込まなくなる傾向にあるので一度行うと、その状態をキープする気持ちが強くなるようです。

続きを読む≫ 2012/11/29 17:21:29

パソコンがそろそろ寿命、動きが悪くなってきたり、問題が頻発するようになってきたら替え時のサインかもしれません。パソコンはむやみに粗大ごみや一般ごみ、または燃えないごみとして捨てることは出来ません。実際に、資源有効利用促進法が施行されていて、メーカーにリサイクルに出さないといけません。

 

 

 

もしくは家電量販店や専門の引き取り業者に頼むことになっています。PCリサイクルのシールが張ってあるPCであれば、パソコンの購入時にすでにリサイクル料金が自動的に徴収されているのでそのまま引き取ってもらえます。しかし古いパソコンは手放す時にリサイクル料金を払わなければなりません。

 

 

 

数千円くらいしますが、パソコンにはリサイクルできる部品や金属が沢山あり、ある意味宝の山でもありますから、エコ意識をしっかりもって、リサイクルに出していただきたいと思います。それは当然のマナーであり、その他の家電を廃棄するときにもすでにある程度の負担は必要になっているので当然でしょう。

 

 

 

もう家庭ゴミや企業ゴミを無料で処理できるほどの土地は日本のどこを探してもありませんし、またそうした廃棄物のなかにこそこれからの製造業でもう一度使える資源が沢山使われているものです。エコ意識だけではなく、資源の有効利用のためにも、リサイクルをしっかりしたいものです。

 

 

 

またしっかり回収をしてもらって、適切に廃棄してもらうことは、自分の個人情報の安全性も高まり、パソコンユーザーにとって決して忘れてはならない最後のプロセスになることでしょう。

 

 

続きを読む≫ 2012/06/27 14:55:27

循環型社会ということばをご存知ですか。このコラムでもたくさん利用させていただきました。循環型社会とは、有限である資源を効率的に利用するとともに、再生産を行って、持続可能な形で循環させながら利用していく社会のことを言います。

 

 

 

年々減り続ける資源の枯渇を回避し、廃棄物がこれ以上増えることを避け、地球の環境を守りや経済活動を潤滑に勧める、永続性のある社会を実現しようという考え方です。

 

 

 

私たち一人ひとりの意識で地球の環境は守られ、美しい世界を後世に渡せることができます。そのためには私たち消費者も不用品処理・ゴミの廃棄に関して関心を高く持ち、リサイクル意識を強く持たなくてはいけません。

 

 

 

一人が一つのゴミを出したとしても、日本全国で1億5千万個のゴミが出ることになります。しかし一人一つのゴミというふうにはいきませんよね。不用品はゴミではなくリユース、リサイクルできる大切な資源であるということを忘れないで生活しましょう。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2012/02/12 21:37:12

不用品回収業者を利用するメリットでもご紹介したとおり、粗大ゴミとして自治体に回収を依頼する場合、若干手間と労力か必要となります。しかし物によっては不用品回収業者に廃棄を依頼するより、自治体で回収を頼んだほうが安く済む場合があります。

 

 

 

それはお住まいの自治体の処分方法などを詳しくお調べになってみてください。一度調べておくといざというときに役に立ちますよ。例えば燃える粗大ゴミでしたら、不用品回収業者の場合高い値段をつけられることがありますが、自治体でしたら比較的安く済んでしまう、そんなケースもあります。

 

 

 

その反対、自治体で処分するより不用品回収業者のほうが安くすむ場合もあります。処分費用を本当に安く済ませたいのなら、自治体での処理と不用品回収業者、療法を上手く利用しましょう。

 

 

 

手間ではありますが、手間をかけたぶん、格安に処分することが可能です。処分するものが比較的重くなく大きくないもの1点だけというような場合は、自治体での処分が安いかもしれません。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2012/01/28 21:37:28

悪徳業者の見極め方、続いての方法としては、「電話での応対」です。電話での応対が丁寧かどうか、これでそこで働いている人間性を見ることができますし、その会社・業者がどのような仕事をしているのか、社員教育をしているのかどうかを知ることができます。サービス業では何より接客が第一です。

 

 

 

メールやWebだけで済んでしまう場合もありますが、これを見極めるためにわざと電話をかけてみるというのも一つの方法ですね。続いて、「ちゃんとしたホームページ」を持っているかどうか。

 

 

 

個人で営んでいるような小さな業者はホームページはないかも知れませんが、割と大きく展開している業者なら100%ホームページを持っているでしょう。小さな業者さんのなかにも優良な業者もいるでしょうが、よっぽど信頼がなければ、大手のちゃんとした業者へ依頼するのがベターです。

 

 

 

ホームページに、料金、回収範囲、リサイクルの仕方、回収までの手順などをわかりやすく紹介しているかどうかをチェックしてください。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2012/01/13 21:36:13

優良な不用品回収業者がいる反面、悪徳な業者がいるのも事実です。実際消費生活センターには毎年多くの相談が寄せられています。「無料というので頼んだのに料金を請求された」「見積もりの2倍以上の金額を請求されたなど、多くは料金がらみの相談です。

 

 

 

中には「自分が出した不用品が、道端に不法投棄されていた」という、違法行為を平気でするような業者もいるようです。何よりも大切なのは、私たち消費者が「安く済ませよう」ということだけを考えて選択するのではなく、何が良いのか、本質を見極める目を持つことだと思います。

 

 

 

それでは悪徳業者を見極めるポイントをいくつかお教えいたしましょう。まずは、「住所を明らかにしていない」という業者。住所を明らかにしないというのは、居場所を知られたくない、知られると都合が悪いという表れです。

 

 

 

チラシやホームページに所在地を明記していない業者は疑ってかかりましょう。「持ち込みNG」という業者も同じ理由から断っているものと考えられます。

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/12/29 21:35:29

不用品回収業者を利用するメリット、4つ目としては、無料で見積もりを出してくれるという点です。基本的にどの業者でも見積もりは無料です。電話やメール、ファックス、Webでの申し込みなどありますが、ポイントはできるだけ詳しく伝えることです。

 

 

 

まずは何をどれだけ、量や数などを伝え、家電でしたら製品名とメーカー、型番、現在の状況など、そして家具でしたらメーカーと状態、寸法を測って伝えます。そうすることによって、より詳しい見積もりを出してもらうことになります。

 

 

 

詳しく伝えておかないと、後々見積もりより品数が多かった、物が大きかったなどという理由から、実際金額が大きく跳ね上がるというトラブルを防ぐことができます。

 

 

 

そして時間があるならできるだけ多くの業者に見積もりを依頼することです。たくさんお業者のなかから一番安い見積もりを出してくれた業者に依頼すれば、不用品処理を格安で済ませることができます。

 

 

 

これ覚えておいてくださいね!

 

 

続きを読む≫ 2011/12/19 21:34:19

不用品回収業者を利用するメリット、3つ目としては、日時を気にすることがないという点です。自治体に回収してもらうには、収集日にあわせて不用品を玄関先に出しておく、またはクリーンセンターへ持ち込むなど、こちらから日にちを選ぶことができません。

 

 

 

十分な時間のある人でしたらそれでもいいかもしれませんが、仕事で休みが取れない人は無理ですし、子育て・家事に追われていると収集日をうっかり忘れてしまうこともありますし、はたまた引越しの準備でそれどころじゃないという場合もありますよね。

 

 

 

そうなると思うように不用品の処理ができません。その点不用品回収業者はこちらから日時を指定することもできるので、とっても便利。忙しくない時期でしたら、即日引き取りも受けてくれる場合もあります。

 

 

 

この対応の速さは業者ならではのこと。その上忙しい人のために夜間受付を行っている業者もたくさんあります。中には24時間対応している業者も。昼間多忙な方にとってはとてもありがたいサービスですよね。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/12/09 21:33:09

不用品回収業者を利用するにも、それなりのメリットがないと利用しようという気になりませんよね。そのメリットをご紹介しましょう。まず1つ目は、ほとんどの品物を引き取ってくれるというところ。

 

 

 

自治体ではすべての粗大ゴミ・不用品を回収してくれるわけではありません。家電リサイクル対象のものは電器店に引取りを依頼しなければいけませんし、自治体で扱えないものに対しては、結局自分で廃棄物処理業者まで持ち込まなくてはいけません。

 

 

 

二度三度と手間がかかります。その点不用品回収業者ですと、どんなものでも回収してくれるので、一度の手間で片付いてしまいます。楽チンですよね。2つ目のメリットとしては、処分する対象によっては無料で、物によっては買取もしてくれるというところです。

 

 

 

自治体へゴミとして廃棄したら有料となってしまうものも、不用品回収業者の場合は無料で引き取ってくれる場合があります。無料で引き取ってもらえるなんて、こんなうれしいことありませんよね!

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/11/22 21:32:22

売れるものはあらゆる手段で売ってしまって、本当に売れないものばかり残ってしまった。

 

 

 

これをどう処分するか。それなら不用品回収業者に相談してみましょう。「不用品回収業者ってちょっと怖い」「ぼったくられるのではないかと不安」という理由からなかなか利用できずにいる人もいるようですが、最近の不用品回収業者ってすごいんです。軽トラでアナウンスを流しているような業者は時代遅れ。

 

 

 

インターネットで「不用品回収業者」を検索してみてください。たくさんの業者の名前がずらりと並びます。一番心惹かれたサイトを開いてみましょう。そこにはとてもクリーンなイメージの従業員たちが、きっちりとした印象を与える仕事内容が反映されているはずです。

 

 

 

強面で力持ちのオジサンが頭にねじり鉢巻巻きながら、アナウンスの流れる軽トラを運転しているような、そんな怖い、汚いというような印象は全然感じられません。

 

 

 

清潔な制服に身をまとった従業員たちが(若いイケメンが多いように感じるのは私だけ?)、礼儀正しくきっちりと仕事をこなしてくれますよ。

 

 

続きを読む≫ 2011/11/19 21:31:19

不用品を処分する方法として、一番楽しく行える方法、それはフリーマーケットで処分する方法です。昔は「ボロ市」「蚤の市」などと言われて全国各地で行われていました。

 

 

 

古着や骨董品などが中心に売られていましたね。最近では若者や家族向けに開催されるイベントとして定着しつつあり、名前も「フリーマーケット」と呼ばれるようになってきました。

 

 

 

フリーマーケットこそ家で不要となったもの、どんなものでも売りに出すことができます。だって自分が店主になるのですから。フリーマーケットは休日を中心に各地で開催されています。

 

 

 

主催者に申請をして、スペースに空きがあれば出展することができます。その際出展料が必要な場合もあります。決められた区画で品物を並べ、見てまわるお客さんと直接交渉しながら、買ってもらいます。

 

 

 

提示した金額で買ってくれたら大満足、少しの値引き交渉なら引き受けてあげましょう。中には無料でいいからもらってくださいというものもありますよね。コミュニケーションをとりながら楽しく不用品を処分、これおすすめです。

 

 

 

続きを読む≫ 2011/11/09 21:29:09

リサイクルショップが一番手軽な方法と言えますが、意外な高値を期待するならインターネットオークションという手段で処分することをおすすめします。

 

 

 

インターネットオークションとは、インターネット上で取引されるオークションのことで、誰でも出品・落札することができます。日本ではヤフーオークションが最大手となっています。出品の仕方を簡単に説明するなら、オークションサイトに自分の個人情報を入力し出品者として登録します。

 

 

 

その後出品したい商品の写真と詳しい説明文などをアップして、入札開始価格、希望落札価格、落札締切日を設定します。あなたが出品したものに興味を示した人たちが入札を繰り返し、落札締め切り時刻に最終入札を提示した人がその品物を手に入れることができるというシステムです。

 

 

 

落札後は、あなたと落札した人が直接やりとりをしながら、品物を相手の家へ郵送するという手配になります。すべてを自分で設定できること、家にいながら処分することができることを考えると、とても楽な方法ですね。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/11/02 21:28:02

人の趣味はさまざま。最近ではアイドルの追っかけやカードゲーム、フィギュア集め、コスプレなど、趣味も実に多様化しています。そのような趣味関連のものも、自分にとっては不要なゴミのようなものでも、好きな人にとっては「宝」となるのです。

 

 

 

そのような趣味関連のものを取り扱っているリサイクルショップもあります。若者にとても人気で、そのほとんどが24時間営業しています。釣具や本、雑誌、DVD、CD、カード、ゲーム、ポスター、フィギュア、おもちゃなど。

 

 

 

お店の中に入ると異次元空間に入り込んだような空気を味わうことができます。「こんなもの売れるのかな?」と思うものでも、一度この手のリサイクルショップへ持ち込んでみてください。

 

 

 

意外と高値で買ってくれるかもしれませんよ!例えば今人気のAKB48関連の商品でしたら、レアであればれうほど高値で売れます。

 

 

 

人気と希少価値の高いものはビックリするほど高い値段がつきます。掘り出し物とかに人間は敏感ですからね!

 

 

続きを読む≫ 2011/10/26 21:27:26

リサイクルショップにもさまざまなスタイルたあります。一番身近なところでいうと古本屋さん。古本屋さんもいわば本のリサイクルショップです。大手の本専門リサイクルショップといえばブックオフ。

 

 

 

全国に906店舗も展開しているそうです。これだけの店舗数ならばどの街にもきっとありますね。ブックオフでは本だけではなくCD,DVDも扱っていますし、雑誌なども買取ってくれますよ。

 

 

 

諦めずに一度持ち込んでみてはいかがでしょうか。服、古着専門のリサイクルショップもあります。ブランド物、有名メーカーもの、新品のもの、1、2度しか着ていないような状態のいいものは、服専門のリサイクルショップへ持ち込んだほうが高く買取ってくれる場合があるのでおすすめします。

 

 

 

服専門店が近くにあれば持ち込むことも可能ですが、近くにない場合がほとんど。こういう方のために宅配サービスも行っています。箱につめて宅急便で送れば、査定を行い買取り金額を口座へ入金してくれます。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/10/19 21:26:19

リサイクルショップで買取は、ただ品物を店へ持ち込めばOKです。服はブランド品、有名メーカー品でしたら1点ずつ値段をつけてくれます。よりいい値段をつけてもらうためにも洗濯・クリーニング・キレイにたたむなどの作業は絶対必要ですよ。

 

 

 

その他の服は重さ(キロ数)で料金が決められます。季節はずれのものや色あせ、ほつれなどがある服は買取ってくれない場合がありますのでご注意を。雑貨やDVD、CDなどはケースがあり説明書などがしっかり揃っていれば意外と高価買取をしてくれます。

 

 

 

ブランドバッグ、時計、ジュエリー、化粧品なども同じです。リサイクルショップは年中無休・24時間営業をしているお店も多く、時間や日にちなどを気にせず持ち込めるのがいいところですね。

 

 

 

自分の力では難しい大きな家電や家具などについては、出張引取りもしてくれますよ。事前の予約が必要になりますので、詳しくは電話などで尋ねてみましょう。もちろん自分で持ち込みもOKです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/10/12 21:25:12

まだ使える、壊れていない、動く、状態も良い。けれど処分したい。そういうものもありますよね。例えば壊れていないけれど新しい機能の製品に惹かれてついついパソコンを新調してしまった、家族が増えたので大きめのソファーを購入したため小さいソファーはいらなくなったなど。

 

 

 

こういうものは「売る」ことによって処分してしまいましょう!一番身近な方法としてはリサイクルショップも持ち込む方法です。あなたの近所にもリサイクルショップありますよね。

 

 

 

景気低迷時代が長く続いている日本では、年々リサイクルショップが増えています。少しでも安く必要なものを購入したい、不用品を少しでもお金に変えたいという需要が増えているのでしょう。

 

 

 

リサイクルショップに足を運んだことがありますか?本当にいろんな商品が置かれています。服、ブランドバッグ、ゲーム機、家電、家具、雑貨、園芸用品など、置いていないものはないのではないかというぐらいの品数の多さです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/10/05 21:24:05

この他にも、使わなくなったもののためにレンタルスペースをわざわざ借りて、そこで保管している人、大きなロッカーに保管している人なんかもいるそうです。思い切って処分してしまえばレンタル代もかからないし、運よく買取ってもらえたなら新しくお金を手にすることもできて、一石二鳥でもあるのに。

 

京都 花屋

 

例えばこんなこと、心当たりありませんか?もう使っていない電化製品、プラグをコンセントにつなげたまま放置しているということ。壊れたパソコンやDVDプレイヤーなどにこういうことがよくあるそうです。

 

 

 

プラグをさしっぱなしにしていると、その分待機電力がかかります。電力さえも無駄遣いしているのです。使っていないのに電力を使い続けているなんて、損していると思いませんか?

 

 

 

この記事を読んだ後、あなたも家の中を探してみてください。住スペースを占領してしまっている不用品、電力をムダに使っている不用品。意識して探してみると結構あるかもしれませんよ。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/10/01 21:24:01

こんな人もいます。通販やテレビショッピングが大好きなAさん。通販番組が好きな人というのは、たいてい健康グッズやダイエット機器、美容関連の商品をたくさん買い込んでしまうものです。

 

 

 

Aさんもそのうちの一人。家にいたままでウォーキングできるマシンに、ロデオに乗っているような腰の動きでダイエットするマシン、ヨガマットにバランスボール。これらの健康・ダイエット機器というのは本当に場所をとります。

 

 

 

そんなAさん、今住んでいるマンションが手狭になったので引っ越しました。以前より広い家に。でも収入が増えたわけではありません。それどころか通販での買い物がやめられないので、ローンは溜まっていくばかり。

 

 

 

でもなぜAさんは広いマンションに引っ越したのでしょう。それは、Aさんが買い続けた健康器具で住スペースを奪われてしまい、寝る場所がなくなってしまったからなのです。損してますよね。その健康器具さえなければもっと安い家に住むことができるのに。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/09/27 20:43:27

家に不用品を溜め込んでいると「運を逃がす」というふうに、風水の世界では言われています。良い運は、汚いところや悪い運気のあるところによりつかないとされているからです。

 

 

 

何よりみなさんに今一度考えていただきたいのは、不用品を持っているだけであなたは損をしているということです。私の知人の例です。学生の頃からかばんの中がいつもパンパンで、物がたくさん詰まっていた彼女。

 

 

 

それは結婚した後も続いていて、ある日彼女の家に招待されたので訪ねてみると、キレイな庭に大きな物置がドン!ドン!と二つも並んでいるのです。せっかくのキレイな庭も台無し。

 

 

 

「こんなに大きな物置二つも何が入っているの?」と聞くと、「なかなか物を捨てられなくて」と彼女。開けてみると、そこには洗濯機が1台に冷蔵庫が1台、石油ファンヒーターはなんと3台!

 

 

 

そのほかにもごろごろと不用品が並んでいました。不用品捨てちゃえば物置いりませんよね?損してるな〜と思いました。

 

 

続きを読む≫ 2011/09/26 20:30:26

不用品を捨てられない理由として、これも意外に多いかもしれませんね。「処分費用がかかる」ということ。限りある資源を有効的に利用しようという観点から、2001年4月から「家電リサイクル法」が施行され、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンの4つの家電については、廃棄処分をする際にリサイクル料金がかかるようになりました。

 

 

 

それ以前までは埋め立てるしかなかったので廃棄費用もかかりませんでしたが、リサイクル法施行後は消費者がリサイクルにかかる費用を負担することになりました。

 

 

 

家電以外にもパソコンを対象としたリサイクル法もあります。そして、自治体などによっては粗大ゴミ、廃棄物の処理にもそれぞれ料金がかかるようになっています。

 

 

 

リサイクル、処分費用がかかるという情報はあっても、果たしていくらかかるのか詳しい料金設定まで浸透しておらず、いくらかかるのかに不安を覚え、その不安が不用品処分にブレーキをかけてしまっているという現状があるように思えます。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2011/09/26 20:29:26